出会い系サイトのサクラにもいろいろな種類がある

出会い系サイトにつきものなのがサクラの存在です。ひとくちにサクラといってもいくつか種類があります。

ひとつ目は悪質出会い系サイトが用意しているサクラ

出会い系サイトを利用した事がある人なら一度は経験があるのではないでしょうか?アイドル級にかわいい女の子からの積極的なメール攻撃。

「そんなに俺がモテるわけはない」とわかっていてもついついメールを返信してしまう。そして何度もメールのやり取りをしてやっとリアルで会うことに。ルンルン気分で待ち合わせの場所に行っても誰も来ない。これが定番のパターンです。

これは出会い系サイト側が利用者のポイントを消化させるために用意しているサクラです。優良ですでに女性会員を多く抱えているサイトにはこの手のサクラはいません。大手サイトになれない中小の悪質な出会い系サイトに多いタイプのサクラです。

ではなぜ中小の出会い系サイトにサクラが多いのでしょうか?

答えは簡単でリアルな女性会員が中小の出会い系サイトにはいないからです。リアルな女性会員を集めるには多くの広告費が必要です。つまり雑誌や繁華街の看板、またはラッピングバスなどで女性会員を集めないといけません。もちろんそれらは多額のお金がかかります。

中小の出会い系サイトはお金がないので広告費が用意できません。なのでオペレーターという名のサクラを雇って雑居ビルで偽メールをせっせと送っているのです。

ふたつ目は「お金あげます」逆援助系のサクラ

最近急増しているのが「おめでとうございます!あなたは選ばれました!いますぐお金を受け取って下さい!」と突然メールを送ってくるタイプのサクラ。相手に会うことよりも「お金をあげるので手数料を払って下さい」という手口でお金を巻き上げるパターンです。

出会い系サイト以前にも詐欺の定番の手口なのですが、ネットが普及した今、その手口が出会い系サイトの迷惑メールで使われています。

ここで定番の流れを挙げてみます。

  1. サクラ「緊急のおしらせです!あなたに1億円を受け取る権利があります。いますぐこのURLにアクセスしてください」

  2. あなた「え?1億円?怪しいけどちょっと見てみようかなポチ(クリック)」

  3. サクラ「すぐに1億円を受け取れます、口座の確認のためにいったん手数料を下記の口座まで振り込んで下さい。手数料はたった1万円です」

  4. あなた「1億円もらえるなら1万円なんて安いかも・・振り込み完了」

  5. サクラ「やった!ほんとに振り込んできた!これだから詐欺はやめられない!」

これが定番の流れになります。

金額は1億円だったり100億円だったりしますが、もらえないことには変わりありません。

多くの人は「こんなウソに騙される人なんて本当にいるの?」と疑問に思うかもしれません。

しかし騙されてしまう人は存在します。サクラ業者がこの手のメールをやめないのが何よりの証拠です。ひっかかる人がいるからメールをやめないのですね。つくづく迷惑な話です。

みっつ目のサクラは風俗業者、個人の売春婦がまぎれこんでいるケース

このパターンは優良な出会い系サイトにも紛れ込んでいることがあります。デリバリーヘルスの業者が集客の為に出会い系を使っているパターンですね。

つまり風俗嬢が出会い系サイトで仕事を探しているわけです。このパターンは実際に出会えますし、お金さえ払えばお望みの展開にするのも簡単です。(相手はそれが仕事なので当たりまえです)

ただ、男としてはどうでしょう?風俗嬢と遊びたかったら普通に風俗に行きますよね?せっかく出会い系でポイントを使って会った女の子にまたお金を払うのはバカバカしい話です。

また大手の優良出会い系サイトはこのようなサクラを排除しようと日々努力しています。登録して遊ぼうと思ったら売春目的の女性ばかりだったら優良サイトのイメージが低下してしまいます。そして普通に出会い系サイトに登録しようとしている一般の女性会員も離れてしまいますからね。

優良サイトにサクラがいない理由

大手のサイトは女性会員を集めるために莫大な広告費を使って努力しています。なのでサクラを用意する必要がないのです。

せっかく遊ぶならサクラだらけのサイトでお金と時間を消耗するより、サクラのいない優良サイトでしっかり出会うほうが楽しめますよね。